メディア

ITmedia(Oklahoma City Thunder, Medium) - UNK NBA Quarter Zip Pullover Shirt Athletic Quick Dry Tee, Team Colour B076LPRCHX Men's-バスケットボール

NBA公認の(NBA )
ランニング、カジュアル、スポーツ、エクササイズ、フィットネス、、日常での使用など
チームのロゴと名前の高品質スクリーンプリントのグラフィック
快適でソフトなファブリック。タグなしのネックと袖口リブの袖
四半期ジッパー襟スタイルネックライン、洗濯可能

TOP STORIES (2018年12月14日 10時44分 更新)

NBA Baby Jersey 女性用綿100%VネックTシャツ半袖Tシャツ。 S レッド B01LZYXFU6
世界のトップ NCAA コットンクルーシティー 調節可能なストラップバック 帽子 キャップ 野球帽 B073JX3YKM Adjustable|アリゾナワイルドキャッツ アリゾナワイルドキャッツ Adjustable
アイオワ州状態Small ( 1 / 2インチ)ダングルイヤリングワイヤ(スターリングシルバー) B01IYEUZU8

Features

(Oklahoma City Thunder, Medium) - UNK NBA Quarter Zip Pullover Shirt Athletic Quick Dry Tee, Team Colour B076LPRCHX Men's-バスケットボール

  • シカゴブルズMitchell & Nessサンセットスナップバック帽子 B01F7XNU2O
  • NFL ボーイズ キッズ 2トーン フラットバイザー スナップバックハット B07CT4GN72 Kids One Size|ブラック|Carolina Panthers ブラック Kids One Size

(Oklahoma City Thunder, Medium) - UNK NBA Quarter Zip Pullover Shirt Athletic Quick Dry Tee, Team Colour B076LPRCHX Men's-バスケットボール

from NEWS
icon
Opromoトーンメッシュトラッカーキャップ 調整可能なスナップバック 19色 B07DCNFZ4Y 48PCS|ブラック ホワイト/Camo ブラック ホワイト/Camo 48PCS

スマートフォン&通信

from Mobile
icon
  • ・Nike(ナイキ) LEBRON/レブロン レブロンジェイムス サーマ ハイパーエリート パーカー (アクア) B076GY82ZG Large

デベロッパー&エンジニア

from TechFactory|MONOist|EE Times Japan|EDN Japan|スマートジャパン|@IT
icon

ソリューションレビュー

from ITreview

旬ネタ

from ねとらぼ

サービス一覧

会員制サービス

  • NBA Women 's ' 47 Neps長袖Tee M ブルー B01GJ4OUMO

メールサービス他

ITmedia 総力特集

  • Heavens Jewellery BOSTON RED SOX BASEBALL TEAM CHARM SLIDER PENDANT ADD TO YOUR NECKLACE EUROPEAN BRACELET DIY PROJECTS ETC. B07BW1B5WX

ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

  • NBA Golden State Warriors大人用メンズThe MarshallメンズT、M、ロイヤルブルー B01MYWLYNM |

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。

話題のQ&A(質問!ITmedia